2018年02月23日

まさか姑が援護してくれるとは思って無かった!

昨夜もダンナにコンビニへのつかいを頼まれた。



「10時前だから大丈夫だろう。

それに犯人も警戒して、すぐに同じところで犯行はしないだろう。」



だって。

ダンナは飲んでいるからしんどいだと。

そこへ意外な救世主が!



「長男くん!また夜中にたえちゃんをコンビニへ行かせる気?

また何かあったらどうするの!」



まさか姑が援護してくれるとは思って無かった!

姑も常識があったのかと見直したけど、



「いや、犯人も若い女性目当てだろう?

後ろ姿で判断したら、おばさんだったから連れ去らなかったのさ。」



と酷い言葉を投げかけるダンナに



「まあそうよね。でも、気を付けて行きなさいよ。

アンタに何かあったら私が困るんだから。」



と。

呆れて返す言葉も無かった。

困るのは、洗濯屋さんがいなくなるからでしょ?

一瞬でも姑を見直した自分を恥じた。



若い子しか連れ去らないんだったら、

私よりもっとババアのオマエが使いに行け!!!



当然、私は無視して行かなかったけどね。







応援クリックしていただけるとウレシイです!!
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ





posted by たえママ at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嫁vs姑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182489294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック